英語教育は何のためにあるのか

私の時代の教育では中学1年から高校3年まで英語の授業がありました。
しかし、23歳の時に初めて海外旅行でアメリカ本土に行ったときに、全然英語が話せない自分に愕然としました。
なによりも、実生活で必要な身近な英語を習っていなかった、そして発音がとんでもなかったということが分かったのです。
私はその後英会話教室に通うことになりましたが、日本人のほとんどは英語教育を受けているはずなのに、最低限の英語も話せないという人も多いです。
今は小学校から英語教育をしていますが、それでも発音なんかはベタベタな日本風カタカナ発音で、こんな英語では海外では通用しません。
英語を教え学び、というチャンスがあるのに実用的じゃないという日本人は変だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です